raidのデータが復旧できちゃう~広がる技術は日進進歩~

オフィス

メディアのデータ認識

まずはメールなどで問い合わせを

オフィス

HDDやSSDといったストレージやメディアが認識しない、あるいはデータの誤削除や物理的破損などによって取り出す事が出来なくなったファイルは、データ復旧業者に依頼することで、高い確率で救出してもらうことができます。 データ復旧業者を利用する方法は簡単で、まずはメールや電話といった手段で業者とコンタクトを取ります。ほとんど全てのデータ復旧業者はインターネット上に自社のホームページを公開しているため、ホームページを閲覧して料金やサービス内容について確認しながらコンタクトを取るのがベストです。 コンタクトを取って必要な情報を確認した後に、実際に故障したストレージやメディアを宅配便で送るか直接業者に持ち込みます。持ち込まれたストレージ類は業者の手で直ちに初期検査が行われ、障害度合いに応じたデータ復旧の日数や料金が提示されます。 その提示された見積もりに合意できるなら、契約となりデータ復旧に取り掛かってもらうのが、一般的なサービス利用の方法です。

技術力の格差があるため注意する

どのデータ復旧業者にストレージ類を預けても、同じ料金で同じ結果が得られるかというと、そうではありません。業者間で技術格差や設備の充実度が違っており、作業工程や投入できる人的リソースも違うため、料金も大きく異なるのが現状です。そのためデータ復旧業者選びでは、技術力の差などに注意をして問題が無い適正な料金の業者を選ぶことが重用です。 業者の技術力を見極めるには、実績に着目するのがセオリーです。高いデータ復旧の技術力を持った業者は、それだけ多くの受注があるため有名な企業の受注実績をホームページで公開している事がよくあります。また設備面や料金面でも、他社に優れている業者は積極的にやはり情報公開をする傾向があります。 このため技術力の格差や設備の充実度などに注意をして、ホームページなどから情報収集をしたうえでデータ復旧業者を選びたいところです。