raidのデータが復旧できちゃう~広がる技術は日進進歩~

オフィス

raidでデータ保護

ハードディスクの仕組み

オフィス

ハードディスクに保存されたデータを保護する仕組みとして、複数のハードディスクを一つのハードディスクとして扱うraidという技術があります。これは複数のハードディスクに分散してデータを保存し、相互に保存したデータを計算して復旧させることができるようになっています。これによりハードディスクが1台故障しても、他のハードディスクで失われたデータを計算して、データ自体を保持します。これにより、raidを採用する動きが広がってきたのですが、複数のHDDが故障した時に、その復旧は難しい物がありました。ですから、時代の流れと共に、復旧技術が向上してきていることでしょう。これはraid構成を作ったメーカーの技術者が、メーカーを退職して、新たに復旧会社に就職してその技術が広まったことが一因です。さらに、raidの価格下落や、一般家庭への進出など、市場拡大も、この復旧技術が必要になってきた背景になっています。

復旧させる技術

ハードディスクを復旧させる事自体は、その技術の広まりにより、いろんな企業がそのサービスを提供してくる時代になってきています。ところが、raid構成となると、やはり専門の技術と、分析装置が必要になってくるために、修復させることができる企業も限られてきます。このサービスを提供する企業であれば、ホームページ等に、raid構成の復旧実績を明示していることがほとんどなので、見分けることが可能です。もちろんraid構成ですので、1台HDDが故障したくらいであれば、他のHDDを使って、データの復旧は自動的に行われます。このように万が一には専門の業者を利用しますが、やはり大切なデータなので、日頃のバックアップも、重要になってきます。